「感覚的なものから技術的なものまで音楽を表現するということは不良設定問題である」

音楽ではどう伝えられるのか分からない

例えば、よくあるキックオフミーティングなんかで『やるぞー!』といっても、やるぞという感覚は伝わってきますが、「じゃあどうするんだ」という方法論は伝わりにくいです。

クオリアは、プロであればあるほど正値につかめるものですが、それを正確な言語表現ができるのかが非常に難しいです。演奏者は常に、的確でそれ以外には思われない、具体的なアクションにうったえる表現をしていきたいと思っています。でも、内在する音楽の現象的側面の感覚が鈍ってきているように思う時があります。

 だから、私たちは譜面台を置いて演奏することをやめました。

クラシックの室内楽の世界で、暗譜だけで演奏するという団体はおそらくクレモナだけだと思います。

そして、ようやくいい音楽を引き寄せられるようになりました。結局、音楽というのは自分でどう感じるかという事で、しかもそれは音楽的な基礎があった上に自分のフィーリングが大切だと思います。技術のある人もいっぱいいますし、頭の良い人もいっぱいいます。でも、聴いてくださっている人に良い音楽だと思ってもらえるのは、演奏者が正直に表現しているからではないでしょうか?