2018年2月6日(火)

演奏会に一体何を聴きに来てるんだ。と思う人が世の中には結構たくさんいて、「あそこのミスがどうだった」とか「あそこの解釈はだれだれと違って微妙だった」とか、評論家ヅラして言う人をよく見る。

自分たちの演奏会で何よりも先に「あのスカートが短かった」「どの楽器の子がなんだ」とか、あたかも『正しく通すべき意見』みたいな顔でご感想をくださる人がいて、「それしか言うことがないんか?」と思うこともたくさんある。

わざわざお金と時間を使って聴きに行くのに、そんな聴き方じゃ勿体ないと思うんです。文句を言うために、目くじら立てるためにお金を払うってバカげていると思う。わたしはね。

ステージの楽しみ方論を振りかざしたいわけではないけれども、それじゃライブを楽しむということにはならない。

コンクールでもない限り、「評価されること」を一番に考えて演奏することってない。

むしろ積極的に、楽しんでもらいたい、とか、喜んでもらいたい、とか、プロの演奏者はステージの上、お客さまと音楽の前では純粋にそう思っていると思う。

もちろんそのステージそのステージの出来栄えが今後の自分たちのステージの有無、どんなステージで演奏できるか、に繋がってくる。

そんなこと百も承知なんです。そういうのを肌で感じる職業ですから。

 

アストルに告ぐ。

「演奏会は死んだ。」と言ってグールドは人前で演奏するのをやめた。

あなたはどのような評価があっても死ぬまで人前で演奏し続けた。

自分のステージをどのように聴いてほしかったのか。どこを楽しんでほしかったのか。

CDや残っているライブ映像から今でもそのときの熱狂が蘇ってくるように感じる。

演奏会がそこに生きているようにわたしは感じます。

どのような演奏家になるべきなんだろう!

 

バンドマスター ぴかりん

 

 

どちらも、なにとぞよろしくお願いいたします( ˘ω˘ ) にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村