来週14日土曜日の「アビリーン」さんでの本番に、うちのコンミスみーこが出られなくなった。

新年度なので、起こりうることだとは思っていたが、実際それがそうなることに決まると、落ち着かない気分になってきた。

もともと五重奏だったものを、みんな多かれ少なかれ無理してこの3ヶ月でなんとか四重奏に、しかも暗譜で、演奏してきた。

過ぎたことを思うと、文句の一つでも言いたくはなるが、過去を振り返って、後悔したりマイナスな気持ちになっても、なあんの生産性もないので、この2週間(具体的にはあと10日)の身のふりを悩むことにする。

監督に言われたのは、「ピアノで、ファゴットを左手、サックスを右手で演奏して、内声をつけろ」ということ。

わたしは、自分の楽譜をピアノで弾いたことがあるが、確かに、確かに手の内におさまる。しかも片手の中。

なので、この作業は出来なくもないことなのだとは思う。

新たにそれぞれの曲の、それぞれの声部を聴くチャンスなのかもしれない。

五重奏団から、「音楽工房」になって、わたしたちは音楽の上で、ステージの上で自由になった。と確信している。

次は、バンドネオン、、かな。

それにしてもやっぱり自分の専門でない楽器は緊張する。緊張しないくらい、デキるプレイヤーになったら、その時はまたもっと自由な音楽が生まれるのかも知れないなと、淡い野望を抱きながら、新年度も神さまはわたしに微笑んでるんだなと、言い聞かせながら、また眠れない夜が続く。

【池田クレモナ・モダンタンゴ音楽工房-ラボラトリ】バンドマスター

【ルークカフェ・ローストラボ・クレモナ】コーヒー主任焙煎士

ぴかりん

どちらも、なにとぞよろしくお願いいたします( ˘ω˘ ) にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村
クリエイティブライフランキング