この勢い止めてくれるな!『Don’t stop me now』

今回はみーこも一緒に

見に行きたかったけれど見に行けなかった映画のひとつに『ボヘミアンラプソディ』がある。
もう本当に見に行きたかった。でも行けなかった。相変わらず定期公演に向けてバタバタとしている時期だった。
みーこもあやめもフルートゆきもみんな見に行って、わたしに「絶対に見に行った方がいい」と進言した。
理由は見ていないけれどもなんとなくわかる。

わたしの中学生の時の親友で、この『Don’t stop me now』を完璧に歌える子がいて、もの凄くその時期にクイーンにハマった。
なんてパワーがあって、エネルギーがあって、凄いんだろう!と15歳ながらに感動した。
ああいう素直な感動を今音楽を仕事にしていると覚えることが少なくなってきたなと思う。少し寂しい。

だから今回この『Don’t stop me now』を取り上げることにした。あのはじけ飛ぶ血と汗を感じたかった。
もともとは一昨年の学校公演のために、その学校の先生のアルトサックスのパートも入れた五重奏で、その場限りのためにつくった楽譜だったが、
今回動画を撮るにあたってわたしはピアノ弾き語りに回った。
フレディ・マーキュリーはロック至上最高のエンターティナーの一人だった。歌ってみてわかったけれど、想像していた遥か先のエネルギーと集中力が必要であった。
「でもこんなんじゃ、まだまだ足りねえぜ!」というわたしの大好きなロックバンドがあったが、そんな感じ。まだまだ足りねえ。
歌が上手くなりたい。と言うのは恥ずかしいことだろうか。

Don’t stop me now.まだまだ足りねえ。ぜ。

Follow me!