花のブレンド/マイルドブレンド

【『クレモナ』のコーヒーの美味しさを言葉で伝えたい】

酸っぱいコーヒーってごくたまに出てくることがあるけれど、あれの原因は、はやく酸化しないように浅煎りにした豆が古くなっていることにあります。
はじめて来店されたお客さまに、どんなコーヒーにしましょうかと聞いたときに「酸っぱくないやつで」と答えられたことは何度もあります。


コーヒー豆は深煎りすればするほど、酸化が早くなるので(油がまわってテッカテカになります)、一度にたくさん仕入れてほしいコーヒー豆屋は、浅煎りの豆を大量に渡すんですね。(もしくはもうすでに酸化しかけの深煎りかどちらかです)。こうなると、世の中に「酸っぱくて美味しくない」コーヒーが出回ってしまうんです。

minne 花のブレンド マイルド


さて今日のおすすめするコーヒーは【花のブレンド/マイルドブレンド】です。

ルークカフェで『ホットで』とか『ブレンドで』と言われたときにお出ししている、当店の顔であるブレンドです。
豆の仕入れによって多少の変化はありますが、基本的にはグァテマラもしくはコスタリカ、エチオピア・モカ、ブラジルの3種類を使っています。

花のブレンドカッピング


そして何よりもこのコーヒーは『クレモナ』の中でも特に「酸味のある」コーヒーなんです!
酸味?酸っぱいの?と訊かれますが、想像してください。
リンゴの酸味、(酸っぱくない)いちごの酸味、ブドウの酸味。
どれもこれも「酸っぱい!」わけではないけれど、「酸味」と表現します。

この【花のブレンド/マイルドブレンド】はこの非常に豊かでフルーティーな酸味を持つコーヒーです。
ベースはミルクチョコレートのフレーバーで、どのスイーツにもよく合います。(案外ゼリーやアイスクリームなど冷やして楽しむスイーツとの相性も良いです)
香りはブラジルのナチュラル製法(天日干ししてコーヒーチェリーを取り除くやり方です。晴れの多い土地/雨季乾季がはっきりとわかれている地域でしかできません)にまかせたナッツ系のかなり軽やかなものになります。

花のブレンド説明


コーヒー単体でよく飲まれる方は、このバランスの取れた酸味と、リフレッシュできるアロマがクセになると思います。飲み口も非常にさっぱりとしています。飽きの来ない美味しさではないでしょうか。

ぜひこの本物のコーヒーの「酸味」を味わってください。


花のブレンド|【ローストラボ・クレモナ】自家焙煎珈琲豆 | ルークカフェ・ローストラボ・クレモナ powered by BASEBlend:グァテマラ・エルインフェルト農園、エチオピア・モカ・イルガシェフェG1、ブラジル・モンテアレグレ農園の三種類のcremona.thebase.in650円ルークカフェ・ローストラボ・クレモナで購入する

2020年4月16日(木)

ルークカフェ・ローストラボ・クレモナ コーヒー主任焙煎士
ぴかりん

大阪府池田市満寿美町13-7
072-752-7188

Follow me!