ピアソラの曲を演奏するときに注意するのが、アウフタクトである。

伝統的なタンゴの曲もそうなのだが、アウフタクトの捉え方ってみんなどうしているんだろう?

踊りの伴奏でしかもオルケスタで演奏するときはおそらくin tempoで演奏しないと誰もテンポを理解しないと思うが、ピアソラの楽曲の場合、踊れるか踊れないかはさほど重要な話ではないと思うので、アウフタクトはもっと自由に演奏してもいいのかもしれない。


この曲の場合アウフタクトにあたる部分が長い(ほぼ一小節ある!)ので、4拍目でテンポさえ出せばいいのではと考えている。

ぴかりん

最新情報をチェックしよう!

21世紀の新しいクラシック音楽の最新記事

>コーヒーと音楽が出会う場所「ルーク・カフェ」でお待ちしております。

コーヒーと音楽が出会う場所「ルーク・カフェ」でお待ちしております。

〒563-0041 大阪府池田市満寿美町13-7 年中無休 08:00-23:00(営業短縮あり) 阪急宝塚線「池田」駅徒歩5分 ☎072-752-7188