第8・9回定期公演を終えて。|当日リハから1部開演まで(ぴかりん)

いつも応援して下さる皆さまのおかげで、無事第9・8回定期公演を終演することが出来ました。
本当にありがとうございました。結局券売は昼夜合わせて500越え。来場者数も400弱。コロナ禍ではありがたすぎる動員数となりました。大入り袋を出させていただきました。(もらった人おられますか!?)

第9回、お昼の部は、実はリハの時点でもうドキドキしすぎて半分貧血みたいになり、ふらっふらでした。
メイクさんにメイクをされている間ずっと寝て、みーことゆきにチョコレートを10粒、コーヒーを2杯、QPコーワゴールドを1本与えられ、お弁当のご飯の部分だけ食べて一応復活。
ほかのメンバーも緊張の面持ちでした。どんどん(いつもより)綺麗になっていく自分たちとは裏腹に、いつも以上の緊張オバケに覆いかぶさられているような気分でした。
開演10分前になり、舞台下手にスタンバイ。いつもは「よろしくお願いします」ぐらいのメンバー同士のあいさつなのですが、今回はなんだか熱くなっちゃって、「お客さまにがっつり届けよう。成功もミスも、全部全部お客さまに届けたいって強く思おう。」と柄にもなくクサい言葉を言ってしまいました。
そして、みーこには「何があっても合わせる。何があってもいいから、思いっきり吹いてくれ」とバシバシっと肩をたたきました。あんまりこんなにクサいことを言ったので、メンバーの反応が気になったのですが、みんな舞台の上に乗りマイクの前にスタンバイした時に、片手をあげてエア「ファイトーっオーッ」をみーこの先導でやってくれました。たまにはこういうクサいのも悪くないなと思っちゃいました。

第9回の冒頭、第8回の冒頭の音は実はそれぞれわたしがスマホ片手に収音した音だったんです。
第9回は、コンサートホール前でのチラシ配布のときに、阪急梅田から北新地までの地下ルートの音。
第8回は、逆瀬川のレインボースタジオにオープンジャムの仕事で行くときに、雨が降っていたので、これも録ってみようと同じくスマホ片手に収録した、逆瀬川駅からレインボースタジオまでの道のりの音でした。
色んな話し声や雑音が入っていたと思います。その中でわたしたちの音が回っていたんですよね!?当たり前のことなんですが、わたしたちは一生この世紀の音響実験の結果を聴くことはできません。一体どうなってるんやろう…!?
わたしたちはどうしていたかと言うと。ずっと四本のマイクのまわりをぐるぐる回っていました。時に止まり、時に離れ、おのおの4つの円で動いていました。(この話をするのをすっかりと忘れていました。)


楽屋の様子はこんな感じ。メイクはチーフの山田美香さん、ヘアはアシスタントの岸さんにお願いしました。
わたくしぴかりんは乾燥肌、しかも業務多数あったため、パックをしながら(犬神家の一族のすけきよみたいな感じで)ホールをうろうろしていました。


わたしは自分で塗れないマニキュアを(不器用なため)塗ってもらったのに、座席の立ち入り禁止ロープを張るためにために結局マニキュアを剥げさせました。森脇だけちゃくちゃくと仕上がっていっています。


本番直前。人生最後の写真になるかもしれなかったのでいい顔してみました。五人全員(かじくんも奥にいます)緊張しています。

(ぴかりん/次回はあやめちゃんに続きます)

Follow me!