あっという間に7月も最後の一日になりました。

7月は大きく物事が変わって、私自身も、クレモナにも、私の周りの人々にも変化があったように感じます。

皆さんはどうお過ごしだったでしょうか?

 

先日は楽器の調整に3年ぶりに行ってきました。

この3年の月日は早かったものの、やはりそれなりの長さがあったみたいで、私の楽器(勝元さんという名前です)はそれなりに問題を抱えていたみたいです!

2回ぐらい「こんなのみたことない」と言われたように感じますが…(笑)

吹奏感が断然違います。これは凄い。

 

楽器屋さんと話をしていて、今のファゴット奏者のレベルや、奏法のトレンドなど色んなことを質問していたのですが、自分がびびびっと来たのは、来日されていた講師の先生が、

「その一つ一つの音まで、『自分の出したい音』だったか」

というのを生徒に問うたという話。

先日かじくんに技術の話をされて、そこから、演奏はさらに高解像度のものが求められるという展開だったのですが、なるほど、この話と繋がりました。

自分たちが今意識しないといけないのは、そういった技術的なアプローチで音楽を考えていくことだと再認識しました。

 

細部までこだわる。そんな8月にしたいと思います。

 

今週末の本番と、公開練習も、心を込めてお届けします!

 

 

 

 

 

 

【ルークカフェ・ローストラボ・クレモナ】コーヒー主任焙煎士

【池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団】バンドマスター

ぴかりん!