みなさまは、お買い物をする時に「フェアートレード」などの倫理的認証団体のラベルの貼っているものを選んでますか?
例えば、当たり前に飲んでいるコーヒー。その原材料のコーヒー豆の生産地の多くは発展途上国。コーヒー農園では、貧しさのために女性や子どもたちまで強制労働を強いられています。
彼らはコーヒーの香りや、程よい苦みの味は知らず、生きていくために必死で働いています。劣悪な労働環境の中、命を落とす子どももたくさんいます。
許されないことです。 
私はこの真実を知り、心が震えました。
そんな世界の不平等を是正するため、途上国粗の輸入品を正しい価格で継続的に取り、小規模生産者 に仕事を作って、貧国撲滅を目指すのが【エシカル】です。 
ここで、【エシカル=思いやり】をテーマに立ち上がったブランドが【クレモナ】です。
私はこれまでコーヒーを愛好者として大量に飲んできていましたし、こうしてコーヒーに携わり、たどり着いたのが今の【エシカル・コーヒー】。
これまでのコーヒーは、自分がおいしく飲めさえすればコーヒー豆の由来や生産国で誰かが犠牲になっていようと気にしないという嗜好品だけでしたが、これからのコーヒーは、コーヒー豆の物語性や背景を大切にし、自分の選択に社会責任を持つ、内側から輝く飲料として変化していくと考えています。
どのような人々が、どのような思いでコーヒー豆を作っているのか、そして私たちがこれらのコーヒー豆を選ぶことで、世の中がどのように変わっていくのか、世界とどのようにつながっているのか、買うときに正しく商品の裏側を考える責任が生まれてきているように思います。
どうぞ、当店のコーヒーを選んでいただき、関わる人みんなが幸せであるか、地球上のすべての命を尊んでいるのか考えてみませんか。