このコロナ禍を一緒に乗り越えていけるような演奏会にしたい。


ステージに立って、客席を見た時の情景はどの演奏会も心に残っています。


お客さまは、大切な時間、お金を使ってお越しいただいています。


演奏会は、お客さまなしでは成り立ちません。


3月の定期公演は、中止せざるを得ない状況になり、沢山の皆さまにご迷惑をおかけしました。コロナウィルスの影響で「当たり前」にできていたことが難しい世の中になりました。この状況にもかかわらず、「次の演奏会まで楽しみに待っています!」「早く演奏が聴きたいです。」など、沢山あたたかいお言葉を頂戴し、私たちの励みにしてきました。

その分、コロナウィルスの影響で、【クレモナ】自体の活動が転覆しないよう、私自身もクレモナのメンバーに助けてもらいながら活動しております。


今回の演奏会で、この世の中を一緒に乗り越えていけるような演奏会にしたいと思っています。


いつも応援して下さっているお客さま、初めて今手に取って読んでいただいているお客さま、心強いスタッフに感謝を込めて、開催いたします。

生演奏で、人間だからこそできる音楽を。


皆さまにとって、生演奏は必要でしょうか。


人間が奏でる音楽は必要でしょうか。


音楽もAI化が進んでいる世の中、コロナウィルスの影響でAI化が更に加速したように感じます。AIと人間の勝負などといった番組も見受けられるようになりました。

わたしたち【クレモナ】は、生演奏だからこそできる演奏会、人間だからこそできる音楽を大切に発信していかなければならないと思っています。

【クレモナ】のステージは、譜面台を使用しないことで、お客さまとの間に壁を作らずダイレクトに音楽をお届けし、一体感を大切にしています。その場所で奏でられた音が、お客さまに触れて流れていき、時には緊張感のある空気が流れたり、会場の温度が上がったり、リラックスできる空気になったり、会場にいる皆さまと共有します。これは、絶対に生演奏でないと体感できないことです。


オンライン飲み会、オンライン授業、リモート〇〇が沢山生まれました。


状況次第でいろいろなことを考えていかないかもしれません。


この演奏会のタイトル、「コンサートは生き続ける」は、コンサートにおける意義、生演奏で人間だからこそできることをテーマに演奏会を作りあげて、今後も発信していかなければならないと思っています。