池田市満寿美町にある本格ネルドリップ珈琲専門店「Luke Cafe」が『音楽とコーヒーの融合』をテーマに立ち上げた自家焙煎珈琲豆専門ブランド「Luke cafe Roast Labo Cremona」です。

お中元承ります。

  • HOME »
  • お中元承ります。

 

 

今年から【ルークカフェ・ローストラボ・クレモナ】ではお中元を承ります。

最近、カフェオレベースやドリップバックなど、簡易に飲めるコーヒーがギフトの主流です。

しかし【クレモナ】は、コーヒーが好きな方には美味しいコーヒーを飲んでいただきたいので、とっておきのコーヒー豆(粉にもできます)をギフトにいたしました。

 

コーヒーの大好きなあの人に、少し手間がかかるけれども、ほっとひと息ついてもらいたい。

美味しいコーヒーを飲んでもらいたい。

そんなあなたに【クレモナ】は寄り添いたいと思います。

本当にコーヒー好きの方なら、絶対に喜んでいただけます。

ぜひ、今年のお中元は【クレモナ】の最高級のコーヒー豆にしませんか。

 

2種類ご用意いたしております。

◆Set A (3000円)

□お好きなブレンド2種類(各150g)

□選べるスペシャルティ1種類(150g)

◆Set B (5000円)

□お好きなブレンド4種類(各150g)

□選べるスペシャルティ1種類(150g)

 

「お好きなブレンド」はこちらからお選びください。

マイルド:【ルーク・カフェ・ローストラボ・クレモナ】の顔であるブレンドです。
コーヒーの酸みの美味しさを楽しんでいただけます。
「酸っぱい」のではなくて、とてもフルーティー。
苦みや酸みよりも甘みを感じていただけます。
独特の滑らかさ・質感は他店のコーヒーにはないものと自負しています。

ビター:深煎りは「苦くて濃い」わけではありません。
ただ真っ黒に焼き上げるだけではなく、小さな火で、繊細な音を聞き分けながら焼いていきます。
そこで生まれるのがこの香りの高さと、深いコク、それから甘みです。
しっかりとあたたかく飲みたい方、オーレにしたい方におすすめしています

満寿美:【クレモナ】のコーヒーを初めて選んでいただいた方におすすめする豆です。
とても淹れやすく、コーヒーらしい苦みを持っていて、酸みが少ないです。
モーニングコーヒーにも、コーヒーブレイクにもぴったりの、時間を選ばないいつでも飲みたいコーヒーに仕上がりました。

くれは:「風のブレンド」よりもしっかりとコクのあるブレンドです。
それでいて口当たりはまろやかで、苦みと酸みは少なく、むしろ甘みを感じていただけます。
コーヒー好きの方へのプレゼントにはぴったりの、コーヒーらしいコーヒーに仕上がっています。

アイス:アイスコーヒー用にブレンドいたしました。お家で水出しコーヒー、急冷式コーヒーを作られる方におすすめ致します。これまでのアイスコーヒーにはない、しっかりとしたコクと香ばしさをお楽しみいただけます。

※アイスブレンドのみアイスコーヒー抽出用にお挽きした粉をお送りいたします。

「選べるスペシャルティ」はこちらからお選びください。

ブラジル・モンテアレグレ農園:ブラジルのスペシャルティコーヒー協会に所属している「モンテアレグレ農園」は、スペシャルティとして世界に名だたる農園です。
ブラジルスペシャルティコーヒー協会では、環境にやさしい農法を行い、農園内に森林を残し、労働環境を整えられた優れた農園に対してスペシャルティの認証をしています。
まさに、『エシカル』を実行している農園だといえます。
2700haの広大な敷地の中で、ブルボン専用区画はたった162ha。
十分な栄養が行くように、木と木の間は広くとられ、収穫期には張りのある完熟したチェリーが見られます。
また、パルプドナチュラル製法により選ばれた完熟豆だけが「モンテアレグレ・ブルボン」として出荷されています。

コロンビア・マヌエラ農園:コロンビア国内で最も小さな県であるカルダス県の県都であるマニサレス市は、いくつもの尾根や急坂の上に築かれたとっても険しい街。
地震の危険にさらされ、建物の耐震化や補強の面でたくさん課題があります。
しかし、非常に肥沃な土壌を持ち、コロンビアを代表するコーヒー産地です。
マヌエラ農園は山と谷に周辺を囲まれ、近くには標高5000mを超えるネバドデルルイス火山があります。
農園の周りにはコロンビア特有の植物や、野生動物が多く暮らし、また従業員のために仮眠・食事をとる休憩場所もきちんと用意されています。
大地の恵みからできた、大きな豆粒をどうぞお楽しみください。

マンデリン・トバ湖:インドネシアのスマトラ島にある「トバ湖」は世界最大のカルデラ湖です。
湖の周囲は900-1800mの高原になっており、湖からの霧も多く、乾季の中でも雨季のようなものがあり、年間降水量は2500-3000mmとコーヒー産地にしてはやや多めです。
このティピカ種は17世紀末にオランダから持ち込まれ、このスマトラ島でも育てられていたのですが、「さび病」の発生により、ロブスタ種への移行をせざるを得ない土地がたくさん出てきました。
ここでティピカ種はこのリントンからさらに南のマンデリン地区に持ち込まれ、原住民族が育てていました。
スターバックスが「マンデリン」としてこの地域の豆を使用し始めてから、時代の流れもありカティモール種が栽培のメインとなってしまいましたが、守り抜かれてきたティピカ種を私たちは取り扱っています。
湖の照り返しで、さらにたくさんおひさまの光を浴びた豆は、大きく育ち、スパイシーでいて、どこか甘みがあります。

 

それでは、下記よりお申し込みください。

お中元のお申し込みフォーム

 

 

 

ご注文・お問い合わせは TEL 072-752-7188 08:00-23:00【年中無休】

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Luke Cafe Roast Labo Cremona All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.