2022.03.24|第12回定期公演「TANGO DEL DIABLO」

ついに、この舞台に…

『クレモナ』モダンタンゴ・ラボラトリの
ザ・シンフォニーホールデビュー!


【随時更新】シンフォニーへの道・ブログ

  • 2022.01.15|シンフォニーホールの下見に行ってきました。
    今週水曜日に、ソプラノサックスのみーこがザ・シンフォニーホールへホール打ち合わせに行ってきました。 いつもはこの前でチラシを配っております。 ホール打ち合わせでは、音響・照明の打ち合わせから、どう集客していくか…などなど、色々なことをご相談させていた […]
  • 2021.01.03|新年から全員でチラシ配り
    全員でチラシ配り。 昨年出演した「新春顔見世コンサート」が今年も兵庫芸文の大ホールにて開催されました。 本日はそのお客さまに『クレモナ』メンバー全員でチラシを配りました。 昨年の演奏を覚えて下さっていた方、また、昨年のワンコインコンサートの演奏を覚え […]

『クレモナ』モダンタンゴ・ラボラトリとは

「アストル・ピアソラ」の遺志を継ぎ、クラシック音楽の「次の100年」へ繋げる、新しいスタイルの木管四重奏団。国内唯一の「ピアソラ専門」の室内楽団であり、これまで50曲以上を手がけ、全ての楽譜を自分たちの手でオリジナルアレンジをし、暗譜で演奏をする。対位法を駆使し、新たな音響効果に挑戦し、クリアな音像とストイックな演奏は他のアンサンブルの追随を許さない。全ての音楽ファン必聴の期待の新星。横浜国際音楽コンクールアンサンブル部門室内楽一般の部第3位。3枚目のアルバム『ブエノスアイレスの四季』がAmazonクラシックランキング新着部門第1位を獲得し、「レコード芸術」誌2021年4月号にて「特選盤」に選ばれる。

演奏のようすはこちら

今回のメインとなる楽曲はピアソラの「悪魔」

アストル・ピアソラの楽曲の中でも「天使の組曲」は代表作に挙げられますが、今回『クレモナ』が取り組むのは「悪魔」の作品群です。衝撃的なユニゾンから始まる「悪魔のタンゴ」、七拍子に支配された「悪魔をやっつけろ」、これでもかと思うほど美しい「悪魔のロマンス」…

まるでこうなると「天使」と「悪魔」の境界線がわからなくなってきます。詳しくはチラシをご覧ください。

演奏予定曲

▼悪魔のタンゴ
▼悪魔をやっつけろ
▼悪魔のロマンス
▼『リュミエール組曲』
▼愛のデュオ
▼フーガと神秘 ほか

公演詳細

日時:2022年3月24日木曜日
19時開演/18時開場

場所:ザ・シンフォニーホール

料金:S席6000円/A席5000円/B席3500円
C席2500円/D席2000円

皆さまのご来場お待ちしております。

>コーヒーと音楽が出会う場所「ルーク・カフェ」でお待ちしております。

コーヒーと音楽が出会う場所「ルーク・カフェ」でお待ちしております。

〒563-0041 大阪府池田市満寿美町13-7 年中無休 08:00-23:00(営業短縮あり) 阪急宝塚線「池田」駅徒歩5分 ☎072-752-7188