2021.10.04 和楽路屋のたこやきと、吉野家の牛丼。|第4日目

CREMONALABO株式会社創立から4日。まだまだ準備をしている事業もあれば、どんどんスタートしている事業もある。焦りが心地よさに感じられるあいだに、いい流れを作りたい。

今日はこうなりました。

フルートゆきの出勤日だったので、今日はポスティングをメインに据えた。

監督とゆきで千里中央にポスティングに行った後、買ってきてくれたのが、和楽路屋のたこやき

うちの監督の大好物である。池田のたこやきってどっちかと言うと、どろんとしたゆるめのたこやきが多いのだけど、ここのたこやきは焼き加減が絶妙なのである。焼きすぎてもいないし、ゆるすぎない。

粉がつおがとてもいい仕事をしていて、かつおの香りとソースの酸み、生地の甘さのバランスが最高。

一度、イートインで食べに行ってみたい!(イートインも格別の美味しさと監督が言うので!)

夜は北緑丘団地をポスティング。まだまだコロナ禍のため、店内イートインは営業時間外となっており、好物の吉野家の牛丼をテイクアウト。イートインのどんぶりと、やはり持ち帰り容器では汁の吸収が違うので、なるべく「つゆだくだく」を注文するようにしている。本当は「つゆだくだくだくだく」ぐらいがいいんだけど、恥ずかしくて言ったことがない。安定の大盛。(イートインの時は特盛です。)

ということで、今日は自炊はおやすみ。いいよね、歩き回ったんだしね。

若いうちだから

今日お客さまと話をしていて、「若いうちだから夢もあり希望もある、人のため、誰かのために、と思って動くことが出来る」という話をしていただいた。

わたしはどちらかというと自己中心的だと思うし、控えめでないし、でも小心者で、基本的には怠け者であると思う。なので、とにかくそこそこ謙虚に正しくあり、また動き続けるということを意識している。

が、どうなのだろう、年を取ると動けなくなってしまうことがあるのだろうか。

今会社が4日目で、「会社のために」働いている意識がもう既にあるわけで、会社自体が「コーヒーと音楽で皆さまに元気と喜びをお届けする」というモットーなので、なんでも「何かのため」の行動であり仕事であると思う。

でもその反面、一度立ち止まると怠けるのだろうな…と思う。自己中なわたしが絶望的にだらだらとすることが予想される。年のせいで立ち止まったりしてしまうと、たぶん、年のせいで動けないとかって言いだしそうだ。

とにかく動き続けること。できるかぎりの8割くらいのペースでずっと動き続けられる体力と、かしこさを、この第一期では身につけたいと思うのだ。


2021年10月4日 ぴかりん

最新情報をチェックしよう!
>コーヒーと音楽が出会う場所「ルーク・カフェ」でお待ちしております。

コーヒーと音楽が出会う場所「ルーク・カフェ」でお待ちしております。

〒563-0041 大阪府池田市満寿美町13-7 年中無休 08:00-23:00(営業短縮あり) 阪急宝塚線「池田」駅徒歩5分 ☎072-752-7188