【毎日ピアソラ】「同罪」(1953年)

ピアソラがパリに行く前は、ザ・タンゴというようなはっきりとわかりやすい音楽だった。
特にこの曲はアルゼンチンでの作曲なのでなおさらまだまだ踊れそうである。
もう少しゆっくりなテンポで、普通に歩くスピードくらいで演奏すればよかったかな、と反省している。

ぴかりん

Follow me!