#132 今年の「ブエノスアイレスの秋」を聴いて下さい!

水曜日の夜8時は、「水曜日の音楽室」と称して、わたくしぴかりんが、クレモナの演奏や楽曲についてお話をするコーナーです。

今回の概要。

▼音楽がBGMになるということ

10日に出店してきたイベント「トヨビア」についてお話しています。「BGMをリクエストできるビアガーデン」という趣旨だったんですが、様々な音楽がスピーカーから流れてくるのを聴いて、それぞれのアーティストやエンジニアの人々のクリエイティブがあまりにも遠い距離にあるなあと思ったんです。

自分がこうしてレコーディングして、色んな人の技術を目の当たりにして、CDをリリースするというこの一連の流れを経験して、作品をつくり上げるということの重さを感じるようになると、巷にあふれる音楽に対しての見方が大きく変わりました。

どれもこれもクリエイティブだと思うと、BGMにしてはどれもこれも力があり過ぎていて、BGMというにはもったいないように感じてしまった。

試しにクレモナの曲(ラ・カモーラⅡ)をリクエストしてみると、あまりにもの異質さに、あ、これはBGMにするために作った作品ではないと実感しました。きっとどの曲も、そうなのかもしれないなと思った、そんな一日でした。

▼「ブエノスアイレスの秋」

今回番組の中で取り上げたのは奈良公演で演奏した「ブエノスアイレスの秋」です。みーこのサウンド感がどんどん良くなっているように毎年感じるのですが、ぜひCDをお持ちの方は、聴き比べてほしいんです。(持っていない方はぜひお求めください)。どんどん音色が誰も及ぶことのできないところになっているような気がします。

対して私は、最近ずっとピアノを練習しているせいか、演奏に対して「神経質」になっている気がしています。特にこの曲の演奏中にぴりぴりしている自分を客観視している自分がいて、自分の演奏スタイルがまた新たな局面を迎えようとしているように思いました。

ラジオの最後に全曲フルバージョンで入っています。ぜひ聴いて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>コーヒーと音楽が出会う場所「ルーク・カフェ」でお待ちしております。

コーヒーと音楽が出会う場所「ルーク・カフェ」でお待ちしております。

〒563-0041 大阪府池田市満寿美町13-7 年中無休 08:00-23:00(営業短縮あり) 阪急宝塚線「池田」駅徒歩5分 ☎072-752-7188